AAEファイルとはiPhoneの画像ファイルが開かない時の開き方と消してもいい?

スポンサードリンク



iPhoneの写真フォルダの中の画像ファイルをパソコンに取り込んだところ、空白の不明なファイルがいくつも出来ていました。
ファイルを開いてみると開かない・・・拡張子を見てみるとAAEとなっています。

そこでAAEファイルについて調べてみました。

・AAEファイルとは?
・AAEファイルは、JPEGに変換できる?
・iPhoneの画像ファイルが開かない時の対処法
・拡張子AAEファイルは、消してもいい?

の順で紹介していきますね。

AAEファイルとは?

AAEファイル(拡張子がAAE)とは、動画や静止画像を加工したときにできる一時ファイルのようです。

APPLE社のAAE拡張子ファイルについての回答も調べてみました。

aaeの拡張子がついたファイルは、写真アプリで編集した情報を持つサイドカーファイルです。いままでは写真アプリのサイドカーファイルは.xmpというファイルで保存されていましたが、現行のiOSの写真アプリでは.aaeの拡張子がついたファイルに変更されています。

https://discussionsjapan.apple.com/

拡張しAAEファイルをパソコンで、表示しようとすると空白のファイルとなり表示することが出来ません。
そこで、AAEファイルからJPEGに変換できるか調べてみましたので、次に紹介していきますね。

AAEファイルは、JPEGに変換できる?

拡張子AAEファイルが、JPGEに変換できるか調べてみましたが、変換・変更は出来ませんでした。
*無理やりJPEGに変更してみましたが、画像は表示されませんでした。

iPhone内では、編集前の元画像+AAEファイルで「加工後の画像」を表示しているようですね。

加工後の写真をパソコンに送りたい!という時ありますよね。
次は、iPhoneの加工後の写真(AAEファイル)をパソコンに送る方法を紹介していきます。

iPhoneの画像ファイルが開かない時

AAEファイルは、パソコンに取り込むことは出来ますが、開くことは出来ません。
AAEファイル(編集済み)をパソコンに取り込む方法を3つ紹介しておきますね。

AAEファイル(編集済み)をパソコンに取り込む方法
1. AirDropを使って送る
2. 写真をメールに添付して送る(JPEGファイルで加工済みの写真が送られきます)
3. iCloudフォトライブラリにアップロード後に、ダウンロードする。

無理やりな方法ですが、AAEの画像ファイルがパソコンで開かない解決策として
iPhoneでスクリーンショットを取りパソコンに取り込む方法もありますよ。

拡張子AAEファイルは、消してもいい?

元ファイルが残っている場合は、拡張子AAEファイルを消しても元ファイルの画像がなくなることはありませんが、
加工・編集後のファイルをパソコン上で保存した場合は、前出したように加工後のファイルを別に保存する必要があります。

まとめ

拡張子AAEファイルのiPhone取り込みに関して、参考になりましたでしょうか?
AAEファイルとは、iPhone内で編集・加工した写真にたいして出来るファイルでAAEファイル自体は開くことが出来ません。

AAEファイルをパソコンに取り込む場合は、直接取り込むことが出来きないので
・AirDropを使用して送る
・加工済みのファイルをメールに添付して添付ファイルを保存する

などがあります。

スポンサーリンク





スポンサーリンク