本屋大賞2018ノミネート作品映画化ドラマ化はある?大賞はいつ発表?

スポンサードリンク



本屋さんの店員が選ぶ2018年本屋大賞の、投票がスタートしていています。
毎年、楽しみにしている本屋大賞2018について

・本屋大賞とは?
・本屋大賞2018ノミネート作品
・本屋大賞ノミネート後に映画化された作品は?
・本屋大賞2018はいつ発表?

の順で、紹介していきますね。

本屋大賞とは?

本屋大賞とは、本屋さんの売り場からベストセラーを出そうという目的で本屋さんの店員の投票だけで選ばれる賞になります。
新刊を扱っている本屋さんの店員さん、アルバイトやパートの方も投票が可能になっています。

書店の店員さんが「売りたい」「おススメしたい」と思う本が推薦される仕組みになっています。

本屋大賞2018ノミネート作品

本屋大賞2018のノミネート作品は、上位10作品が発表されます。
発表は、2018年1月18日になっていますので、発表後にはこちらで紹介していきますね。

個人的な予想は、中学生作家の鈴木 るりかさんの「さよなら、田中さん」もノミネートされるのでは?
と思っています。
オススメさよなら、田中さん

過去の本屋大賞の作品を一覧で紹介してきますね、

・2017年本屋大賞「蜜蜂と遠雷」奧田陸

俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!

・2016年本屋大賞「羊と鋼の森」宮下奈都

2016年の本屋大賞 だけでなく、「キノベス! 第1位」「ブランチブックアワード大賞」も受賞した評価の高い本です!

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

・2015年本屋大賞「鹿の王」上橋菜穂子

・2014年本屋大賞「村上海賊の娘」

・2013年本屋大賞「海賊とよばれた男」

次は、本屋大賞・ノミネート作品の中から映画化・ドラマ化された作品を紹介していきますね。

本屋大賞ノミネート後に映画化された作品は?

本屋大賞ノミネート作品で映画化・ドラマ化された作品は、素晴らしい作品が沢山あります。
全ては紹介できないのですが、2013年以降のノミネート作品の中からいくつか紹介していきますね。

・64(ロクヨン)

映画64の予告動画


2015年4月にドラマ化後に、2016年に映画化されています。

・君の膵臓をたべたい(2017年7月に映画化)

キャストは新人女優の浜辺美波・北村匠海。W 主演で、学生時代の2人を熱演しています。
現在の僕には小栗旬、桜良(浜辺美波)の友人役で北川景子が出演しています。
君の膵臓をたべたい/住野よる

・火花


NetFrixでドラマ化、映画化されていますね。

映画のキャストは、菅田将暉と桐谷健太
お2人とも、auのCMでも人気の俳優さんですね。

本屋大賞2018はいつ発表?

本屋大賞ノミネート作品の中から、1次投票、2次投票後に「大賞作品」が発表されるのは
2018年4月10日(火)
になります。

まとめ

「本屋大賞」をノミネート受賞作品は、「本屋大賞」以外の賞も受賞している多くあります。

全国の本屋の店員さんが、「この本を紹介したい!」「売りたい!」と思って投票した結果の「本屋大賞」
素敵な賞ですよね。

2018年の本屋大賞が、発表されるを楽しみしています。

スポンサーリンク





スポンサーリンク