西原理恵子「女の子が生きていくときに…」感想ネタバレ試し読みをするなら?




今さら感がありますが、8万部突破したという西原理恵子さんの「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」
を読みましたので、ネタバレアリの感想と試し読みページの紹介をしてきますね。

最近では、高須クリニックの高須院長との交際が話題になっていますね。

試し読みはしたことがあるのですが、今回改めて「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」を読んで涙・・しました。
女の子のお母さんだけでなく、男の子のお母さん。
思春期を過ぎた女性にも読んだら、何かしら心に響く箇所があるのでは?と思います。

「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」ネタバレありの感想

西原理恵子・女の子が生きていくとき、覚えてほしいこと

「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」を読んで個人的に心に響いた箇所が沢山ありました。
読む人の背景によって、響くところは違うと思いますが少し紹介していきますね。

女の子こそ、生きていくための戦略を立ててください。

若い娘さんたちにもお願い。
追い込まれて、次の一手がうてなくなる前に、生き抜くための戦略を立ててください。

女性に限ったことじゃないですけど、「生き抜くための戦略」を立てるって大事。
安定した企業のサラリーマンだって、病気になることもあるし人間関係でウツになるなんて珍しいことじゃないですからね。

親と子にも適切な距離がある

親子関係をこじらせた時は、適切な距離をおく

これも大事。父親もそうかもしれないですけど、母親ってどうしても子供との距離が近くなりすぎて子どもの本当の姿が見えてない時ってあると思うんですよね。本来見守るべきタイミングでついつい口を出してしまうこと、誰しもあるんじゃないかな?と思います。

 

性格が悪い方が幸せになれるよ

ちょっとパンチの聞いた一言ですけど。
西原さんの言いたい事は、「まず自分が幸せになろうね」そうしないと周りも幸せになんて出来ないよ。
というメッセージだと受け取りました。

いい子にならなくてもいいんですよ。
いい子は、幸せを人に譲っちゃうから。
いい嫁になんかなっちゃ駄目。




西原理恵子・女の子が生きていくとき、覚えてほしいこと

・結婚か仕事だったら、どっちもとってください。
わたしもそう思います。自分の娘にも絶対そういいたい。
そうすると決めたら実現できる時代だと思っています。男の子だけに頼るなんて、危険すぎるよ。

・あなたの人格を否定していい人なんかいない

この章でも涙しました。頑張り屋さんの女性。男性も多いですよね。

「いじめ」の問題にも通じるかな?
もし人格を否定されるような事を言われたり、そんな状況にいたら素直に周りに助けを求めたり
逃げ出してもいいんだよ。それを忘れないでいようと私も思います。

「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」試し読み

角川文庫さんのサイト「カドブン」で西原理恵子さんのインタビューとともに「女の子が生きていくとき、覚えていくほしいこと」の試し読みが出来るようになっています。

【試し読み】 西原理恵子「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」
https://kadobun.jp/readings/4

「女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと」まとめ

全編を通して西原さんの娘さんに宛てた愛あふれるメッセージでした。
自分の人生のかじは自分で取ること、人生には予期せぬことも起こるけど、次の一手を自分で考えて出すこと。

誰しも幸せになる権利はあるんだから、自分の手でつかもうね。

心に響くところは、人それぞれだと思います。子育て中の女性だけじゃなくて、これから結婚を考える女の子達が読んでも得るものが沢山ある本じゃないかな~と思います。

スポンサーリンク





スポンサーリンク