ディズニーランドチケットの有効期限と切れた時の対処法・延長するには?

●ディズニーランドチケットの有効期限と切れた時の対処法・延長するには?

ディズニーランドやディズニーシーのチケットを景品としてもらったりすることもありますよね。その場合は有効期限内ならいつでも大丈夫なチケットをもらうことがほとんどだと思います。
しかし、アトラクションやショーの休止やイベントやパレードなど…行きたい時期に行けずに有効期限が間近になってしまうこともありますよね。行けないうちに有効期限が切れてしまっていたなんてことになったらとても残念です。そこで、
・有効期限が切れた時の対処法
・延長する方法はあるのか

について、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

ディズニーランドチケットの有効期限はある?

気になる有効期限ですが、ディズニーランドのチケットには有効期限があります。

ディズニーのチケットの表の下の方に有効期限が記載されています。

手元の1デーパスポートを確認したところ、有効期限/Expires 20XX.XX.XX と記載がありました。
この有効期限は、はじめに必ず確認しておきたいですね。

スポンサーリンク

ディズニーランドチケット有効期限が切れた場合の対処法

・有効期限が切れた場合

ディズニーランド公式HPによると・・・
有効期限が切れてしまった場合は、残念ながら対処法がないようですね。

・有効期限を延長する方法

有効期限がせまっているチケットがある場合、延長する方法について調べてみました。

ディズニーランドのチケットには、有効期限を延長できるものと延長できないものがあるようです。

そのチケットの見分け方は、チケットに“O”と表記されているものは有効期限の延長が可能です。“N”と表記されているものは残念ながら有効期限の延長はできません。

ディズニーランドチケット有効期限を延長するには?

ディズニーランドのチケットの有効期限を延長するには、パークのチケットカウンター、もしくはパークチケット取り扱いのあるディズニーストアで変更が可能です。チケットの種類により変更不可のチケットもありますので、公式HPにて確認してみてくださいね。

パークチケットの日付・券種変更について

チケット1枚あたり手数料200円がかかりますが、その日から1年間、有効期限を延長することができます。手数料はかかってしまいますが、パークチケットを再び購入することを考えるとかなりお得ですね。

まとめ

ディズニーランドチケットの有効期限と切れた時の対処法・延長するには? について、ご紹介してきました。

ディズニーランドやシーのチケットを手に入れたら、はじめに必ず有効期限を確認しましょう。

この有効期限が切れてしまった場合は残念ながらそのチケットはもう使えませんし、期限の延長もできません。

有効期限内にパークに行くか、期限がせまってきて期限内に行けそうにないときは急いで有効期限を延長してもらいに行きましょう。
有効期限をそこから1年間伸ばしてくれるので安心ですね。せっかくのチケットを無駄にしてしまわないよう、気をつけましょう!

スポンサーリンク